太陽光発電は温暖化対策の切り札?


田中君

「先生、質問です」

先生

「なんですか?」

田中君

「太陽光発電はどれくらい二酸化炭素を削減できるんですか?」

先生

「田中君、良い質問です。」

先生

「もし太陽光発電で、約1万kWhの発電をすると、なんと約1万㎡の森林が吸収する量のCO2 を削減することができるんですよ。」

田中君

「えっ、そんなに!?」

先生

「実際、国などの試算によると、太陽光パネルを設置して約2年たてば、その後はCO2排出ゼロで発電を行えるとも言われています。
今、世界中で温暖化対策が叫ばれていますが、太陽光発電は一つの答えになるかもしれませんね。」


太陽光発電と地球温暖化

現在、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出量は増加の一途をたどり、中でも、二酸化炭素はその約80%を占めています。
特に工場などからの排出量が最も多く、大きな工場や事業所を持つ企業や公的機関ではCO2の削減が急務となっています。
このような状況下において、太陽電池を利用して、日光を直接、電力に変える太陽光発電は、電気をつくる際に火力発電のように石炭などの燃料を使わず、発電中に二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスをほとんど排出しないため、地球温暖化の防止に効果的であるとして注目されています。

pic_7_2

どのくらい削減できるのか?

pic_7_1

太陽光パネルで約1万kWhの発電をした場合、約5.2t-CO2 /年のCO2 削減量となります。
この削減量を森林面積に置き換えると、約1万㎡の森林がCO2 を吸収する量に 相当します

太陽光発電の推進で地球温暖化が止まる?

国などの試算によると、太陽光パネルを設置して約2年たてば、その後はCO2排出ゼロで発電を行っているとみなすことができるといわれています。
太陽光発電の推進が進めば進むほど、排出される温室効果ガスが減り、地球温暖化に歯止めがかかることは間違いないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>